東日本大震災モニュメント除幕式

平成24年3月29日(木)、東日本大震災モニュメント除幕式が行われました。

モニュメントは御影石製で高さ1.4メートル、奥行き1.5メートル、幅2メートル。「津波の脅威や困難を乗り越える」ことをイメージしたモニュメントとなっています。
碑文にも刻んだとおり「甚大な被害を永く記憶し、次の世代に伝える」ことを目的としています。

モニュメント建立にあたっては、スマトラ沖地震での巨大津波で甚大な被害を受けたスリランカの皆様から日本への恩返しということで本校へ多額の寄付をしていただき、これに本校職員の協賛を併せ、無事建立の運びとなりました。

モニュメント除幕式には

  • スリランカ日本教育センター
  • スリランカ教育支援会
  • スリランカ教育支援基金
  • 宮城県教育委員会
  • 東松島市
  • 石巻市教育委員会
  • 石巻西高等学校教育振興会長
  • 石巻西高等学校父母教師会長
  • 自宅において被災し津波の犠牲となった生徒のご遺族

の皆様にご参列いただき、本校からも在校生、今年度卒業生代表、学校長および職員が参列いたしました。

東日本大震災モニュメント 碑文